質問:
水道水:沸騰せずに安全に使用できますか?
Ben
2010-11-10 02:18:11 UTC
view on stackexchange narkive permalink

週末に最初のビールを作りました。麦汁に5ガロンを作るのに十分なボトル入りの水が手元になかったので、水道水を使用しました。シンクのホース噴霧器を消毒液に5分間浸して消毒し、それを使用して5ガロンに達するまで水道水を一次発酵槽に噴霧しました。 (また、噴霧が通気に役立つと思いました。)将来、水道水を最初に沸騰させるべきですか、それともこの方法で追加しても大丈夫ですか?

6 答え:
#1
+10
PMV
2010-11-10 02:19:21 UTC
view on stackexchange narkive permalink

技術的には水道水は常に消毒する必要があります。

現実的には、水道水を消毒したことはなく、問題もありませんでした。あなたのビールは大丈夫なはずです。

公共の水源からの水道水は消毒する必要があります。しかし、よく言及されているクロロフェノールは確かに問題になる可能性があります。おそらく、あなたの水システムが地下水を使用していて、したがって非常に低レベルの塩素*を必要とする場合、あなたはそれを回避することができます。あるいは、ビールにフェノールのようなタッチがあることに気づかないかもしれません。しかし、水道事業者が1か月に大量の流出地表水を受け取ったり、漏れているメインを修理したりすると、消毒剤がジャッキアップし、間違いなく問題が発生する可能性があります。
#2
+4
Morgan
2010-11-10 03:01:41 UTC
view on stackexchange narkive permalink

水道水を安全に使用する前に対処する必要のある2つの問題があります。

まず、水が塩素消毒されている可能性があります。酵母に影響を与える可能性は別として、これはほとんどの場合クロロフェノールフレーバーをもたらします(バンドエイドの匂いを考えてください)。塩素はホップ内の化学物質と反応してクロロフェノールを形成します。これを修正するには、水をカーボンフィルターでろ過して塩素を除去してください。これは、マッシュを加えるか、沸騰させるか、発酵前にするかにかかわらず、すべての醸造水に当てはまります。

2つ目は衛生です。安全のために、おそらく水を沸騰させて冷やす必要があります。蛇口やホースなどの開口部の近くには、殺しにくいバクテリアがいる可能性があります。

AFAIK沸騰したお湯は、残留塩素を除去する必要がありますhttp://www.ehow.com/how_4516999_remove-chlorine-from-water.html
沸騰させると塩素を取り除くことができますが、少なくとも私が理解していることから、15分間は沸騰させる必要があります。また、24時間以上放置して、自然に「ガスを抜く」こともできます。ただし、自治体がクロラミンを使用している場合は、効果的に沸騰させることができず、炭素ろ過を使用する必要があります。白いバケツに大量の水を入れるとクロラミンを検出できます...ちょっと緑がかっています。
#3
+4
Calvin Perilloux
2010-11-17 01:27:44 UTC
view on stackexchange narkive permalink

安全な答えは、発酵槽に触れるすべての水を沸騰させることです。しかし、それは時にはやり過ぎです。

私のような井戸がある場合は、沸騰規則に従ってください。井戸水がきれいにチェックされても、大腸菌群だけを探しており、バクテリアを殺すためのUV殺菌装置を持っていても、ラインに消毒効果が残っていないので、井戸水はきれいですが、ラインは汚れています。

公共用水を使用している場合は、ほぼ確実に、バクテリアを殺して残留効果をもたらすために、ある種の塩素またはオゾンが追加されています。米国では、ほとんどすべての場所で、遊離塩素よりもはるかに安定しているクロラミンに切り替えています。そのため、使用量が少なく、水をバクテリアのない状態に長く保つことができます。

残念ながら、クロラミン'安定性とは、短時間の沸騰や一晩放置しても除去できないことを意味します。それを取り除くための2つの一般的な方法があります:適切に行われるとクロラミンを取り除くゆっくりとカーボンを通してろ過します、しかし私はカーボンフィルター自体が衛生のために問題があるかもしれないかどうか疑問に思うことを認めなければなりません。カーボンフィルターの後に逆浸透ユニットを追加することはさらに良いです。 2番目の方法は、クロラミンとすぐに反応し、数分でゼロに還元する亜硫酸塩を追加することです。

私は、水10ガロンあたり約1キャンプデンタブレットの割合で亜硫酸塩法を好みます。 -あまり必要ありません。溶けてよく混ざることを確認してください。亜硫酸塩がいくらか残っていますが、そのレベルは酵母に影響を与えないほど低く、発酵の早い段階でそこからガスが発生します。覚えておいてください、これはすでにバクテリアがない水道水用です。この弱いレベルで亜硫酸塩を塗っても、すでにそこにある虫を殺すことはできず、井戸水にはクロラミンが含まれていません。

塩素またはクロラミンを含む水道水については、醸造または発酵槽に追加する前に、必ず最初にそれらを除去してください。私は、普通の塩素水を使って台無しにされた、他の点ではよくできた自作をたくさん味わってきました。塩素とタンニン(穀物またはホップから)はクロロフェノールを与えます、そしてこれらは非常に非常に強力なフレーバー化合物であり、良い方法ではありません:薬用および絆創膏。

Calvin Perilloux、ミドルタウン、メリーランド、米国

Campdenタブレットを効果的に使用するための+1。私は特にこの治療法と、それがあなたがクロラミンに説明した効果があるかどうかを探していました。
#4
+2
sgwill
2010-11-10 02:24:37 UTC
view on stackexchange narkive permalink

発酵が始まる前に水を追加しているので、特に水道水を手に入れることができる場所に住んでいる場合は、おそらくかなり安全です。井戸がある場合は水をテストすることをお勧めしますが、一般的に言えば、水道水の味が好きな場合(そしてそれを飲んでも病気にならない場合)、ビールには十分なはずです。

>
#5
+1
Dolbz
2010-11-10 02:46:15 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ここ英国では、水道水が塩素消毒されるのが普通です。これはバクテリアを殺すので、イースト菌も殺すことができます。水道水を長時間(数時間)放置すると、塩素が蒸発するので安全に使用できると読みました。

うーん、私は塩素消毒された水道水を手に入れるとかなり確信しています。私は酵母を殺すことさえ考えていませんでした。幸いなことに、酵母は生き続けることを非常に熱望しているようで、ピッチングしてから約12時間後にエアロックからかなり良い泡が出ました。
英国の水道水を使ってビールキットとワインキットをいくつか醸造しましたが、今のところ問題はありません。
問題はそれが酵母に害を及ぼすということではなく、問題はクロロフェノール(プラスチックまたは薬のフレーバー)の形成を促進することです。
#6
-3
Timone
2010-11-10 02:22:59 UTC
view on stackexchange narkive permalink

最初に沸騰させずに、ボトル入りの水をバケツに追加することすらしませんでした。あなたは大丈夫かもしれませんが、あなたはビールの神々を誘惑しています。

問題が発生したことがありますか、それとも他の場所で聞いたことを繰り返しているだけですか?醸造の衛生に関してはかなりの妄想があり、どこに線を引くかを知ることが重要です。沸騰せずにボトル入りの水を使用しないことは極端なようです。
ビールの神々はあなたが思っているよりずっと慈悲深いです。リラックスして、自家醸造をしてください。
ボトル入りの水を沸騰させるのは私にはやり過ぎのようです。
-1


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 2.0ライセンスに感謝します。
Loading...