質問:
ホリデーブリューにスパイスを加えるためにスパイスを追加するのはいつですか?
Ben
2010-11-10 03:12:30 UTC
view on stackexchange narkive permalink

最初のオートミールスタウト(ブリューワーズベストキット)を醸造したばかりで、ちょっとした「ホリデー」フレアを加えてみることにしました。地元の醸造用品店でホリデーエールのレシピを見つけたので、そこに使われているスパイスの指示に従いましたが、もっと良い方法があるのではないかと思います。

使用した材料は次のとおりです。

  • 1個のオレンジ、クローブ全体が皮に刺さっている
  • シナモンスティック
  • 皮をむいたショウガの根

こちら私がしたこと:

麦汁を沸騰させた最後の15分間に、上記のすべてを私が置いていた追加の穀物バッグに入れ、麦汁に追加しました。スパイスを抜く前に15分間茹でました。

スパイスから風味を出すのに十分な時間かどうか疑問に思います。一次発酵槽には何も加えませんでした。セカンダリーにラックオフするときにスパイスを追加する必要がありますか?

ホリデービールに適した他のスパイスやフレーバーは何ですか?

三 答え:
#1
+10
Room3
2010-11-10 03:27:57 UTC
view on stackexchange narkive permalink

今、シナモンスティック、ナツメグの削りくず、胡椒、オレンジの皮、バニラビーンズを使って作っています。私は実際に沸騰に何も追加しませんでした。代わりに、スパイス抽出物(ウォッカとすべてのスパイスが投入された瓶)を作成しており、瓶詰め時にバッチの約4分の1に追加します。沸騰中にスパイスを加えると、実際に多くの優れた風味の化合物が調理されると聞いたことがあります。

ウォッカは+1。私が今まで作った唯一の本当にひどいビールはバニラオレンジエールでした。バニラビーンズをスライスして開いて「ドライホップ」しました。ビールを台無しにしたのは、厄介なものやバニラビーンズの細菌で有名なオレンジの白いものかどうかはわかりませんが、ホップ以外の添加物が発酵ビールに入る場合は、常にアルコールに浸します。
これはそれを行う正しい方法です。試してみるのは本当に素晴らしい比較です。通常のサイズのバッチを作成し、それをいくつかの1ガロンのバッチに分割し、それらに異なるスパイスを加えます。どのスパイス/フレーバーが熱によって損傷を受け、どれが耐えられるかを知るのに良い方法です。
私はこれを数回行いました。上げられた他のポイントを超えて、それはあなたがより正確にブレンドすることを可能にします。適切なバランスが得られるまで、「ポーション」を追加し続けることができます。他のほとんどの方法では、目標の効力で物事を目標にすることができ、オーバーシュートした場合、行うことはあまりありません。また、ウォッカはスパイスを殺菌(消毒)して感染の可能性を減らします。
味の多くではなく、「調理」するリスクがあるのはアロマです。それでも、リスク。
@Tim-まさに...「スパイス抽出物」法を使用すると、ビールにスパイスを加えて味わうことができます。さらに、バッチ全体を専用にするのではなく、あちこちで数本のボトルにスパイスを加えることができるのが好きです。
#2
+2
BozoJoe
2010-12-03 08:36:07 UTC
view on stackexchange narkive permalink

沸騰の最後に新鮮なカットバジル(花のある花束全体)を使用しました。バジルの辛い味が出ると思っていました(バジルの葉を食べるように)。代わりに、アンカースチームクリスマスビールのような素晴らしいクリスマスの味を手に入れました。

これは本当に面白いですね。風邪で裏庭でバジルが死んでしまいました。用途を見つけたいのですが。ビールは最高だろう。どのレシピ/スタイルから始めましたか?
@DJ-ドイツのイーストドッペルボック
#3
+1
PMV
2010-11-10 03:29:17 UTC
view on stackexchange narkive permalink

私は通常、挽いたスパイスの沸騰の最後の5分間にスパイスを追加します。ほとんどのスパイス全体では15分で十分だと思います。

麦汁に皮をむいていないオレンジ全体を追加しましたか?

もちろん、最初に徹底的に洗った。それから私はクローブ全体を取り、オレンジの皮に押し込みました。私はおそらくオレンジに穴を開ける70〜100個のクローブ全体を使用しました。
沸騰の最後の部分にそれらを追加し、そのままにしておきます。


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 2.0ライセンスに感謝します。
Loading...